090金融

090金融(携帯闇金)とは

近年になってマスコミでも話題になったのが現代にマッチした「090金融」と呼ばれる新たな闇金手法です。

 

よく街中の電話ボックスや電信柱などで、連絡先の携帯電話番号を記載した貼り紙もしくは名刺を置いたりして勧誘している金融業者です。

 

その記載された番号に連絡すると、業者が指定した場所にあらわれ、現金を貸付する方法と、顧客の口座に振り込みする方法があります。

 

返済方法は闇金業者へ直接現金払いするか、闇業者が指定する口座へ振り込む方法があります。

 

おわかりだと思いますが、これらの行為は違法なのです。

 

貸金業規制法によれば、貸金を営む業者は貸付事務所の登録と誰にでも分かるように責任者の明示がなさなければなりません。

 

また、貸付事務所には固定電話を設置し、勧誘広告には登録番号、営業所の住所、固定電話番号を掲載しなければならなりません。

 

携帯電話を利用して貸付業務を行った時点で、違法業者になります。

 

 

闇金業者が携帯電話を利用するのは当局の摘発から逃れるためですから貸付事務所がない場合がほとんどです。

 

後日、証拠となるような賃貸契約書や、返済時の領収書を発行することもありません。

 

 

それに、彼らが使用している携帯電話は他人名義で、大半が違法な方法で入手したものです。

 

そのために、闇金業者を捕捉することは難しく容易に摘発するこたができません。

 

当然に、闇金業者も違法営業していることは百も承知ですから、顧客とトラブルになっても不利な証拠が見つからないようにしているのです。

 

 

「心配だけど他にあては無いから・・」と考えたり、すぐに融資してくれるので便利だ、少額だから心配いらない、などと甘く考えていると闇金の罠にはまることになります。

 

もし、あなたがすでに闇金被害にあっているのなら一日でも早く解決する必要があります。

 

警察に相談するのも1つの手ですが、残念ながら身体もしくは物的被害が発生していないと素早く対応してくれないケースが多いようです。

 

その点、対応が早く最後まで面倒をみてくれるのが闇金整理の経験と実績がある弁護士・司法書士がおすすめです。

 

全国区で闇金トラブルに対応している弁護士、司法書士事務所は、ほとんど無料で相談を受け付けていますので、今すぐ利用しましょう。

トップページ